江戸川区ワーママのだらだら子育て

東京都江戸川区在住のなななんです。江戸川区の情報や働きながらの子育てについて情報発信していきます。

突然の出血

こんにちは、なななんです。

 

ネタがないな~なんて思っていたら、すっかりご無沙汰してしまいました。

ここ最近はつわりが少し悪化して、食べても食べなくてもいつでも急に吐き気がやってくるようになりました。食欲の底も見えず、恐ろしいです…。また、娘の夜泣きが悪化して睡眠不足に拍車がかかっていたりもします。それ以外は何も変わりなく過ごしているつもりでしたが、先日ヒヤッと怖い思いをしたので記事にしたいと思います。

 

ある休日、娘を夫に託して外出した時のことです。歩いている最中に高位破水(ちょろちょろとおしっこが出続けている)のような感覚があり、「もしかして私、おしっこ漏れてる!?」と思いましたが、股に力を入れても止まらず近くにあったトイレに駆け込みました。おそるおそるパンツを脱ぐと鮮血で真っ赤に…。1人目の妊娠時は超健康妊婦だったし、今回も数日前に妊婦健診に行ったばかりだったので、まったく予想外の出来事に気が動転してしまいました。とりあえず病院に電話し救急外来に行くことになりました。お腹の痛みや具合が悪いということは全くなかったのですが、とにかく血が止まらないし「流産するかも…」という悪い予感を拭うことができず、病院につくまでがとても長い時間に思えました。その日はたまたま母と待ち合わせをしていて会う直前に出血が始まったため、母も付き添ってくれました。

病院について受付を済ませ、30分ほどで呼ばれました。診察台に上がるときに床に血がドバーッと流れてしまいましたが、先生はとても優しく声をかけてくださいました。そして触診により、赤ちゃんが元気にしていること、今現在出続けている血はないことが分かりました。

出血の原因は特定できず経過観察となりました。先生が「次の妊婦健診の予約を待たずに、不安だったらいつでも来ていい」とおっしゃってくださり本当に安心しました。当日を含めて2~3日安静にするよう言われたため、2日間仕事を休むことにしました。 

そのままタクシーで家に戻り、母に家のことを色々とやってもらい、夫と娘の帰りを待ちました。この3日間は、娘を抱っこしたり一緒にお風呂に入ることもやめました。娘には説明しましたが、分かってるのか分かっていないのか…。ただ、おとなしく夫とお風呂に入ってくれたので良かったです。

 

今回のような突然の出血が即流産につながるわけではないと説明を受けましたが、私にとっては視覚的にもかなりショッキングな出来事でした。その日以来、出かけるときはナプキンとかえのパンツを持ち歩いています。

妊娠してからもこれまで通り毎日を過ごしていましたが、妊婦の自覚を少しは持たないといけませんね。何があるか分からないということを身をもって知りました。

妊婦の皆さんはどうか身体を大切に。周りに妊婦がいる身内の方、お友達の方はどうか身体を気遣ってあげてください。

 

f:id:nananan0:20190131094037j:plain

鼻をかむ真似をするのですが、口で音を出しています。