江戸川区ワーママのだらだら子育て

東京都江戸川区在住のなななんです。江戸川区周辺の情報や、働きながらの子育てについて情報発信していきます。

順天堂医院での妊婦健診(妊娠中期編)

こんにちは、なななんです。

 

妊娠もいよいよ後期に差し掛かってまいりました。1人目と比べると、あっという間です。順天堂の妊娠中期の健診について振り返ってみたいと思います。

 

順天堂にまつわる過去の記事はこちらです。

www.nananan0.com

www.nananan0.com

 

妊娠5ヶ月頃の健診

安定期に入る前までは2週間に1度の健診でしたが、1ヶ月に1回のペースになりました。また、お医者さん・助産師さんと順番での診察になっているようです。 

中期に入ると、下(股)からの検査が終わりお腹の超音波検査になりました。1人目もきっとそうだっただろうにすっかり忘れていました。また、毎回健診の前に尿の提出と、体重と血圧を自分で測定して母子手帳に記入するという作業が加わりました。

妊娠初期もほとんどつわりがなかった私ですが、安定期以降すっかり気持ち悪さがなくなり、これまで以上にしっかり食事と間食をしていました。助産師健診の日に前日の食事内容を見てもらったのですが…「十分に食べていますね!体重の増え方は1ヶ月に1kgが目安なので抑えていきましょう!」とのアドバイスがあったほどです。実際に体重を計測し始めたところ、1ヶ月に2kg、余裕で増えていました…。

 

妊娠6ヶ月頃の健診

再び下(股)からの検査、及び病気などがないかの検査もありました。この時は助産師さんではなくお医者さんでした。健康体だと思っていましたが「胎盤が下の方にあり、普通はこのあと自然にあがっていくが、もしあがらなければ帝王切開の可能性もある。」との忠告がありました。内心、「え~!!せっかく無痛分娩やってる病院にしたのに…!」という気持ちもありましたが、まだ分からないのでこのあとあがることを願っています。

 

妊娠7ヶ月頃の健診

助産師さんの超音波診察でした。他にも、上の子の事やおっぱいの様子など細かなお話もしていただけました。お医者さんと役割を分けているんですね。この頃、サイダーを飲んで1時間後に血液を採取して血糖値をはかる検査もありました。ちなみに、7ヶ月に入ると1ヶ月に2回ペースの健診に戻ります。

 

朗報!「医療費後払いクレジットサービス」が便利すぎる

2019年の4月から導入された制度ですが、圧倒的に便利なのでぜひ登録することをお勧めします。

医療費後払いクレジットサービスとは?

これまで、毎度の会計に30分程度待ち時間が発生していました。会計受付の列に並ぶのに5~10分。会計呼び出しがあるまでに10~20分程度待っていました。しかし、この制度に登録すると会計受付の列の待ち時間はほぼなく、受付が済んだらそのまま帰っていい(後日、メールで会計金額のお知らせがくる)んです。診察はやっぱり30分程度かかってしまうので、病院に行くたびに1時間以上の時間がとられていたし、何より会計呼び出しを待っている間、他の病人がたくさんいる待合で待っていなければならないのが常々いやだな~と感じていたので、そこが解消されて非常に助かりました!

 

最後に

妊娠後期に入り、早速恥骨痛やらお腹の張りなど出てきています。1人目と同じく予定帆の6週前までは働こうと思ってはいますが、もしかしたら難しいかも…。幸い、社長がすごく気にかけてくれていて、「在宅に切り替えるか有休とったら?」と言ってくれてるので、引き継ぎが終わったら早めに引きこもりになるかもしれません。

f:id:nananan0:20190523100011j:plain

お風呂のおもちゃ、これしかありません。